« 今日の弁当は花 | トップページ | チョコかな? »

獅童版丹下差膳

今度はテレビで放映された中村獅童さん版の丹下差膳「百万両の壺」を見ました。TVでリアルで観たから2度目。相変わらず買ってくるのは相棒の自腹です(笑)

結論から言いましょう。豊悦版観てください(笑) ってのは冗談として、この2作品はまったく印象が違いました。

丹下差膳というキャラクターが、獅童版は本当に「無頼浪人」。がらっぱちという表現が似合うでしょうか。よく時代劇で悪役の「先生やっておくんなせえ」と言われて出てくる悪い浪人って感じなんですね~。豊悦版はそのへんは上品というか、お育ちがよかったんだけど落ちぶれて~って感じで、そんな悪人的雰囲気がなかったです。それに対応して相手役ともさかりえ演じるお藤も「悪いことに手を染めてきたぜ」なヤクザな姉御。子役ちょび安もまた、くそ生意気なガキ。

設定もまた豊悦版とは異なります。この辺はどっちがいいとかありませんが、こっちのTV版の方がわかりやすい描かれ方していて、背景が分かりやすかったです。また、丹下差膳の武士社会に対する嫌悪・憎悪なんかはこちらのほうがより強く出ています。

立ち回りはTV版は多いですねぇ~。ちなみにこちらの殺陣はTVらしい感じで展開なので、話が途切れるといった感じは無かったです。

ただとにかく話が込み入りすぎなきらいがあります。映画版と逆にしたほうがいいんじゃないの? なんてちょっとだけ思ってしまいましたよ。あと司馬道場内の紛争?はどうでもイイし、宮地真緒さんはどーにかなりませんか、アレ、という・・・・。ヘンに浮いてるんだよね、あの人。一人下手だし。ま、いかにもTV時代劇だなあというストーリーです。映画はすっきりしすぎで、TVはごちょごちょしすぎ。

画面やセット等はやっぱり映画には遠く及びません。映画はやっぱりさすがですよね。懲り方が違うし。

全く丹下差膳を観たことない人にどっちを勧めますかとか言われたら、やっぱり映画の豊悦版って言っちゃうだろうな。また特に時代劇をあまり観ない人であるならば。

獅童版も良いんです。こっちのほうがよりワイルドでいかにも時代劇だなあって感じでもあるし。結局のところ好みだなあと思ってます。獅童版の子役が可愛くないのがマイナス(笑)もっともTVと映画を同じ土俵で比べんなってとこかもしれないですが。

豊悦版がもうちょっと差膳というキャラにニヒル&ハードボイルドさがあれば文句無しで一等賞なんだけど、うまくいかないもんですねえ。

一度、獅童さんでもっとちゃんとしたストーリーで、映画を撮ってみて欲しいと思ってます。そうしたら同じ土俵で比べられるんだけど。

映画・豊川悦司版の感想

|

« 今日の弁当は花 | トップページ | チョコかな? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 獅童版丹下差膳:

« 今日の弁当は花 | トップページ | チョコかな? »