« ひんしゅくにつき封印 | トップページ | いまどきな日本語 »

少子化なこと

出生率が低下し続けてますが、少子化対策って難しいなと。やっぱり広い意味でのお金の問題と、職場問題が大きな要因だと思ってます。

保育所を増やせば解決ってもんじゃないです。子供を育てられる職場環境の整備も必要だし、教育費がどんどん上がっているので、それもなんとかしないと。

我が家には子供が一人。理想は二人ですが二人目を作る気はありません。何故かというと、学校教育がアテにならない今、小学校から学習塾に通わさざるを得ず、成績悪くても大学にいける今日、その授業料も貯めていかないといけません。一人分でも大変で果たして借金せずに行かせられるのかと今からアタマ痛いのに、二人分なんてとてもとても。

妊娠すると病院通いするわけですが、健康保険がきかないわけで、一回の通院に5千円とかするわけです。妊娠後期になると週1回通うわけで、妊娠から出産退院まで貯金が減りまくります。たまらんです。

無事出産したあとは、仕事をしている人の場合、保育所のご厄介になるわけですが、安い公立にいけるのは少数で、それでも病気の場合は預かってもらえないですよね。時間制限あるでしょうし。私立なら時間は融通してくれるところもあるでしょうし、24時間営業のところもありますが、お値段高くなるでしょうね。なんの為に共働きなのかわからなくなりそうです。

職場復帰しても、子供が病気とかで急に会社を休まなきゃいけなかったり、会社側もその辺を警戒して出世させてくれないとかありますし。

以上なことを考えたら、なかなか子供を作る気になれなかったりしませんか。社会的な環境整備は必要不可欠だと思ってます。が、それだけでは足りません。

近年の少子化には「子供をあえて作らない派 結婚しない派」のほかに「欲しくても出来なくて困ってる派」があると思ってます。

不妊症です。環境ホルモンの影響だとか色々いわれてますが、これは立派に社会問題です。不妊症の方々が全員出産できたとしたら、ずいぶん出生率変わるのではないかと思ってます。

不妊治療はまたお金がかかるし、精神的負担が大きいのです。数百万というお金をつぎ込んでも出来なくて、断念する方もたくさんいらっしゃいます。これもなんとかして欲しいと思います! 保険を適用してくださいと。不妊症で悩んでいる方々への助成をしてほしいです。カウンセリングも含めて。

本来なら、第2次ベビーブームの女性が今31、2歳。子供が増えてもいいはずだと思いませんか? それが出生率が下がる一方。一人しか産んでない私が偉そうなこといえた義理ではないとは思いますが、でも意見を出し合って対策を練っていかないといけないですよね。

リンク記事: http://newsflash.nifty.com/special/jnn_video/kiji.jsp?f=1203075&d=tk">@nifty:NEWS@nifty:

|

« ひんしゅくにつき封印 | トップページ | いまどきな日本語 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84408/4371428

この記事へのトラックバック一覧です: 少子化なこと:

« ひんしゅくにつき封印 | トップページ | いまどきな日本語 »