« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

よく頑張りました

姫は無事に一人で泊まれた上に、夕食食べてから帰るとのたまったらしい。あわよくばもう一晩と思っておったな、あれは。
したい放題+叱られないの天国で、帰りたくないらしいが、そうは問屋が卸しませんぜ。きっちり連れ帰るっす。第一、お義姉さんの迷惑になる。最近同居始めたばかりでもあるし、まだ生活リズムが整っているとは思えない。それはその両親にとってもご同様だろう。一日お疲れだと思う。
さて、ちゃっかりじぃじにおもちゃを買わせた姫はお疲れで、珍しくばたんきゅーで寝た。疲れと同時に気が抜けたんでしょ。よく頑張りましたって感じだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩いてみる

小学校まで歩いてみることに。

親子3組で歩いていってみると、30分かかった。重いランドセルを背負いながらだと40分位かな? 7時半までに着かないといけないらしいからどっちみち早起きはしなくちゃなんないね。親の方がへとへとだ。

今夜は姫さまは相棒の実家に一人でお泊り。なので残った大人で近所に新しく出来た焼肉屋に行っちゃった(笑) 久しぶりにビール呑んだはいいけど、久しぶりすぎてたかだか350ml呑んだだけで、頭痛くなった。よ、弱すぎっ。前よりさらに弱くなってる! がーんっ!! ちなみに家ではビールは絶対呑まない。外だといいんだけど、家だと美味しく感じないんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んじゃった

19日にキマグレに角川ビーンズ文庫「彩雲国物語一巻(雪乃紗衣著)」買って読んだら面白かった。で、翌日既刊を全部買って読んじゃった。

十二国記をもっとかる~くした感じというか、なんというか。でも伏線はしっかりとはってあるし、ストーリーもしっかりしている。とにかくキャラが面白いや。十二国記は重いし、浮かれたところがないから、ちょっと疲れる部分があるんだけど、こっちは恋愛入るし明るくていい。ただ違和感というか、ん? と思ったのは外交の部分が全然なこと。東方な国の存在はあるものの、梅干(笑)の産地として言ってるだけだからねえ。なんか外国が存在してないように見える。

今後、魑魅魍魎とかの問題も出てきそうな感じはしてるんだけど、どうだろう。先が楽しみな感じのシリーズですな。

ただいま伏線を確認しながら再読中。

角川ビーンズ文庫 彩雲国物語サイトhttp://www.kadokawa.co.jp/sp/200602-04/index.php

| | コメント (0)

後でまとめて

17日が姫の卒園式で、式終了後に温泉に行ったり、まだしばらくバタバタ。
春休みに突入して夜しかパソの前に座れなくなった。ついでに言うと最近夜は本を読んでいて全然パソさわってないな。
携帯からブログに記事アップ出来て便利ではあるものの、文章書きにくいから、長い文章には不向きだな。
しかたないから、新学期になってからまとめて記事書こーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちご

旅館の朝食にも特産物がでるんだな。アジの開きとかさ。でも割り箸でソレ食べるのって、ツライ。ここは食事はホントに美味しいっす。

温泉饅頭を買いに黒柳に寄ったら目一杯混んでる。15分待ち。素直に待ったよん。出来立てほやほやのあったかいのをゲット。次から次へとお客さんが来る。宿で予約も出来るんだけど、宿によって饅頭屋さんが違うからね。泊まったところはたまたま黒柳ぢゃなかったもんで、予約しなかったんだ。

メインイベントはイチゴ狩り。正直私は興味ゼロ。やったことあるし。でもイチゴ好きな姫の為にイチゴ狩り。本人はまだ上手く摘み取ることが出来ないので、とってやる。楽しそうに堪能しとる。私は数個食べたけど、やっぱ生暖かくてイヤだい。あたしゃ冷蔵庫で冷えたイチゴの方がいいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒園旅行?

卒園式後に温泉へれっつごー。伊豆長岡の正平荘に宿泊なのだ。評判良く値段も高いところだけど、今回はJTBの感謝デーに当たったので安く泊まれる。通常3万円近い値段なんだけど、17000くらいだった。

疲れきって温泉入ったら、疲れがもっとばーんと出ちゃってタマラン。体のあちこちがいたくなるしさー。湯治ってやっぱ一泊くらいじゃだめだよね。でも連泊したくても暇もないから無理なんだ。

通された本館の部屋は広かった。んで、静かでリラックスできる。料理が美味しかった。出汁が美味しいから全体がより美味しくなるんだな。でもただ一品だけ洋食なトマト入れすぎなシチューは余分だった。しかも家で作るのと味変わらないし。もう全部和食にしといてよ! と、食事に関してはそれだけが残念だった。

マイナスとしては新館の離れのほうは知らんが、設備とアメニティがあんまし。今回泊まった金額が通常の値段ならば、まあそんなモンかなと思うんだけどねえ。仲居さんも悪いわけではなく、まあ普通か普通のちょっと上。けど、これも通常が3万近いと考えるとど~よな感じなんだよね。

再訪したいとは思わない。これだったら「はなぶさ」行くよ。ましてや離れ(これも見た感じ離れというより新館という気がするのだが)や特別室等の高い部屋に泊まりたいとは思わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒園式

卒園式。伴奏がヴァイオリンとピアノのプロの生演奏とは思わなかった。びっくりした~。とにかく歌がメインな式で、またシンプルかつアットホーム。

卒園証書は小耳に挟んでいたとおり、園のシンボルマークの熊顔シルエットの形をしていた。証書を入れる筒がない代わりに、パズルとか飾るのに入れる簡単な額があるでしょ? アレに入れて渡されたっす。大きな袋が必要というのがよく分かった。

式が終わった後は謝恩会というか。昨年まではレストランに移動して昼食会とかやってたらしいんだけど、今年は原点に戻って園内でお茶(ちょっとお菓子)。かえってソレでよかった。先生達も私たちも自由に泳いで写真撮ったり、お礼いったりできたから。

家に帰って急いで昼食。お土産に園創立記念日にもらえる記念パンが3個あったので、親子3人で一個ずつたべる。3年間で始めてまともに食べたぜ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラスト弁当

今日で幼稚園の弁当はラスト(給食は明日までだけど)。なので、ちこっと凝ってみた。一応ハム太郎なんだけど見える? 私にはこれが限界っす。

もうすぐ卒園だし、これで弁当作りから解放される! …もっとも代わりに4月から12年間5時半起きを強いられるんだけどね…。田舎で始業時間が早い上に朝自習はあるわ、学区の端っこだから学校まで30分以上かかるわで朝早くならざるをえない。なんだかなぁ〜。060314_0805.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またやった

ううう。どーせおいらはソコツ者。
また左足小指をぶつけちゃった。朝やったのにまだバリバリ痛い。ちょーっと柱の角にぶつけただけなのに。部屋を出るのにちょっと足が追い付かなかっただけなのになぁ。
しかし毎度見事に小指の爪付近にヒットするよ。おかげで左足小指の爪が変になってる。もう元には戻らないよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶系はだめだ。

06-03-02_10-43 ハート型とブタ型クッションが終わって、今回はランチョンマット。クッションがピンク&黄緑系でチョット飽きたので今度はこんな感じにしてみた。相変わらず茶系は使えないダメなワタクシ。どーしても拒絶反応が・・・・(笑) パッチワーク習い始めて3年目だけど、一度としてまともに茶系の作品を作ったことがあるだろうか。いや、(多分)無い(笑) どうしてもベースが赤・青・白の3色になりがち。なんでだろ~。

昨日ようやく25センチフープをゲット。60センチの大きいのは持っているけど、そうそうタペストリ以上のサイズを作ることはないからあんまり使ってない。小さめのサイズの作品だと重石を使ってやれば良いとか言われるんだけど、使い勝手悪くてね~。かといって重石がないと綺麗にキルト出来ないしで、小さい輪のフープを買おうと決心して買ったのだ~。早速使ってみると、やっぱりやりやすいよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子は遠足で親は親睦

姫さま午前中は卒園遠足でビュフェ美術館へ行く。親は昼に幼稚園に帰ってくる園児をお出迎えし、その後親子で昼食会・・・・なんだと思い込んでたんだよね。

実際は子供は父母会の役員さんたちが作ったカレーを子供たちだけで食べ、親は親だけでお弁当を食べつつ親睦会ということで。親子で一緒に食べるんだと思い込んでたから出席したんだけど、そうでないと分かってたら行かなかったのになぁっ。親睦会がイヤなんじゃなくて、幼稚園に半端な時間に出掛けていくのが面倒くさいんだよね・・・・・。

とか言いつつ、しっかりママさんたちとお話をしてくるワタクシ。集団行動苦手&ママ友極少でも何とかやっとりますよ。テキトーにね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とっくに出してましたが

06-03-01_12-14 06-03-01_12-16 毎年面倒だなといいつつ出すお雛様。姫さま早く自分で出して片付けできるようになってください(笑) 段飾りのわりにコンパクトで出しやすいとはいえ、小さいのも案外扱いにくいもんだと実感している。小物をなくしそうだ。こういう小さいものは子供の手のほうが都合がいいと思う。

VFSH0005 こっちはまた名古屋の姉から送られてきた押し餅。今年は王女さまが作るのを手伝って大活躍だったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »