« 後でまとめて | トップページ | 歩いてみる »

読んじゃった

19日にキマグレに角川ビーンズ文庫「彩雲国物語一巻(雪乃紗衣著)」買って読んだら面白かった。で、翌日既刊を全部買って読んじゃった。

十二国記をもっとかる~くした感じというか、なんというか。でも伏線はしっかりとはってあるし、ストーリーもしっかりしている。とにかくキャラが面白いや。十二国記は重いし、浮かれたところがないから、ちょっと疲れる部分があるんだけど、こっちは恋愛入るし明るくていい。ただ違和感というか、ん? と思ったのは外交の部分が全然なこと。東方な国の存在はあるものの、梅干(笑)の産地として言ってるだけだからねえ。なんか外国が存在してないように見える。

今後、魑魅魍魎とかの問題も出てきそうな感じはしてるんだけど、どうだろう。先が楽しみな感じのシリーズですな。

ただいま伏線を確認しながら再読中。

角川ビーンズ文庫 彩雲国物語サイトhttp://www.kadokawa.co.jp/sp/200602-04/index.php

|

« 後でまとめて | トップページ | 歩いてみる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 後でまとめて | トップページ | 歩いてみる »