« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

まつりな練習

今週は月曜日と水曜日の夜に、土曜日に行われる区のお祭りの踊りの練習があった。去年までは母上が行っていたのだが、今年は姫が小学生になり、子ども会もこの練習に参加することになっているため、母上から私にバトンタッチとなってしまった。

日中は雨が降っていたが、練習の時にはあがって、公園でやれたのは幸いだった。雨だと屋内なわけで、どう考えても狭いし暑苦しそうだから。

正直二回目はめんどくさくなって行くの止めようとかと思ったら姫が行きたがるのでしかたなく。

初回は新しい踊りのため振り付けを一から教えてもらえたからなんとかなったが(一つは氷川のズンドコ節だった。しかもフォークダンス状態)、二回目はみんなが踊りなれているらしい茶っきりぶし??だかなんだかと、炭坑節?? だかなため、振り付けを改めて教えることはなく、知らん私はほかの人が踊るのを見よう見まねで大苦戦。産まれてこのかた今まで、盆ダンス(笑)なんぞ習ったことも踊ったこともないんだよ!! ええ~い、適当にやっちゃえ~ということで、あやふやなまま終了。どーせ当日は踊る気ないからいいんだ。別に。

ちなみに民謡の踊りの先生が教えに来たんだけど、超絶高飛車のいばりんぼで感じわりー。後で聞いたが、毎度不評な先生らしく、感じ悪と思ったのは私だけではなかったと判明したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嫌な荷物~

小学校で個人面談。午後4時40分からという非常に不愉快な時間でござった。現在姫には問題ない。二期制になったため、成績表ではなく、暫定的評価表。国語では書き順を間違うことあるというのと、算数では順番について若干間違うということを指摘された。そんで、「夏休みの間に親が教えてあげてください」だそーな。あとでほかのママさんから聞いたところによると「30人もいるので個々に応じては教えられないから、両親が教えてください」といわれたとか。そんなこと言うか、堂々と。親じゃ教えられないから学校があるんだろがっ。と、言いたい。

んで、夏休みの課題にしてもドリル等はこれまた親が採点して、なおかつ直しもやらせてから提出だと。んじゃそりゃーっ! なんかすべてこの調子なんだよね。

塾が繁盛するの当然。なんだか都会の人たちが私立の小学校に子供を入れたがるのすっげー分かるようになってきたヨ。余裕があるなら入れたいよ、まったく。世も末。

帰り、雨のなか朝顔の鉢植えを持ち帰ってくださいと。持ち帰って終わりかと思ったら、種ができたら回収して提出してくださいだわ、9月になったらまた持ってきたくださいだわ。でかくて車に乗せるのちょっと苦労しちゃったぞ。それをまた持ってくるんかい~。サイテ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

じゅけんせいデスカ?

うちの父上、本を折ってナニしてんのかと思いきや、日本史の年表暗記やってんの! ちなみに御歳65だっけカ?(多分その前後)。ナニがタノシクて暗記やってんダロ。
なんかしらんが、昔から勉強好きだよな。私が子供の頃は英語、その後世界史、今日本史とくらあ。歴史も全集みたいなのを幾種類も読んで。勉強ヲタク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読破

先週7日からナニやっていたか。ひたすら読書。おかげでとある2シリーズを読破したんだけど、なんかお腹一杯な感じだ(笑)

角川ビーンズ文庫「今日からマのつく自由業!」から始まる「まるマ」シリーズ既刊16冊と、同じくビーンズ「少年陰陽師」シリーズ既刊16冊を読破。どっちも面白かった~。

まるマシリーズは好みが別れるだろーなと思う。最初の一冊で毛嫌いする人もあるのではないかと。私は好きだね、あの少々下品なきらいがあるけど馬鹿っぽいノリとギャグ。「電車で読めない。外で読めない」には同感。ソレやれる人はかなりなポーカーフェイス技能の持ち主とみたッ。軽いノリのわりに明かされていない謎も数多く、そのノリに騙されてはいけない、みたいな。やっぱ女性向けの小説っす。とりあえず3巻まで読んで、好きか嫌いか判断してほしーなと。あらすじとしては渋谷有利(ユーリ)くんが現代地球から水洗トイレ経由で異世界に召還されて(スターツアーズ感覚だそーな)、あなたは魔王ですと言われてどたばたと。んで事件が解決するとまたもや事前連絡なしで(ヘンだよな~)地球に戻されるという。私としてはコンラッドが好み~。ユーリのそばにずっといてほしいっすね~。今コミケとか行ったら絶対買っちまいそうだぜ・・・・(そこまで!?)。PS2でゲームも出るんで、ちょっと欲しいかも。アニメは興味なし・・・・。

少年陰陽師は「安部清明の孫」が主人公。こっちは物の怪(ほんとは式神)もっくんとのやり取りが楽しく漫才な感じだけど、基本的にシリアスっす。毎回主人公がぼろぼろになるのはお約束。過酷な試練まってます~。平安時代、藤原道長が彰子を入内させようとしている時代で、ま、化け物退治な話。ただいま第4シリーズに入っているんだけど、物語(物語の中で)が始まって1年ちょい位しか経ってないわけで、その間に瀕死の重傷何度経験してるやら(笑) 泣かせる部分多数。間に短編2冊出ているのが救いっぽ。くらぁっと思ったときに短編読むとわらかしてくれるのでほっとするって感じ。アレないと一気読みツライわ(一気読みするな)。それにしても、もっくんらぶり~。

このところ、角川ビーンズ文庫に注目している。結構それなりのファンタジーが充実してるっすね。コバルトよりレベル上だとおもー。ほかにお薦めというと彩雲国物語、星宿姫伝しろがねの誓約、アダルシャンの花嫁、瑠璃の風に花は流れる、揺らぐ世界の調律師あたり。銀のパルティータは今後の展開しだい。

んで、同レーベルに津守時夫さんの「やさしい竜の殺し方」が引越しで8月1日から順次刊行で、10月1日には新作の6巻が出るんだそーな。好きな話だったから非常に楽しみ。最初に新書ワイド版で発刊されたのが1997年~1999年。そのあとイラストが変わって角川スニーカーで文庫化。そんで今度はビーンズにって、すごい人気だなあと。この作家さんのキャラは男性も女性も強くて懐深くてカッコいいんだ~。やさ竜では主役二人は別格として、炎烈王セファイドが好きだったなあ。女性だとフェンリエッタ。早く10月にならないかな~w

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みやげ

060708_0756 相棒の大阪出張みやげ。たこ焼き饅頭。見た目(青海苔で化粧済みw)たこ焼き、でも饅頭。視覚に騙されてはいけません。饅頭の味としてはイマイチおいしくない。受け狙いのみ有効。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蹴飛ばされ

ひでーよ、姫。いくら寝相悪いったって、ひどすぎ!

このところ、ただでも首がむちうちの後遺症で痛いというのに、寝てたらもろに首をげしげし蹴りやがった! 気持ちよく寝てたらなんか、首をたたかれ・・・・と思って目をさましたら、姫のあしがっ私の首にげしげしげしぃっと! 

痛すぎる。なんか、もう「これって捻挫?」みたいな・・・・。いやまあ、むちうちって捻挫だけどさ(笑)。整形行く気にもならんす・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »