« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

適当座布団

Cimg0711 ミシン用の椅子が冷たいので、30×30cmの座布団を作りました。相変わらず処分用の布使用。そして相変わらず減った気がしませんcoldsweats01

縫い合わせるときに、柄の方向?のことをすっかり忘れていたため、みょーな配置になってますがご愛嬌ってことで。

わざわざほどくほどの”愛”は無かったもので・・・。

キルティングもテケトーにフリモ。

あともう一つ作りますが、それは先日の水色と緑の風車をそれにする予定。

・・・・なんかあちらは色的に涼しそうだけどw

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

続きを読む "適当座布団"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

色塗り惨敗

写真に撮ると少しはマシに見えますが。。。。

初の色塗りは惨敗shockです。

絵の具使うのなんて何年ぶりでしょう。

高校は音楽選択だったので、まともに縫ったのは中学以来!? ・・・・というのは嘘ですがw、絵画としての色塗りは本当に中学以来です。

あとは10代まではパステルでちょこっとイラストとか描いてましたがその程度。

今回から初のアクリル。リキテックス絵の具で水彩っぽい感じのです。ポスターカラー的な方ではありません。先生が用意してくださったものです。

201110241155016831私的にはアクリルというとポスターカラー的な方を思い浮かべてたので、あれ?と思いましたが、まあいいやです。

水彩って苦手なんですけど(どうしても濃くして、うっかり重ねて塗って汚くするんで)アクリルは違って、一度乾けばもう落ちないというのが大助かりなのです。

うっはっはhappy02

で、初アクリル。今回はどうせ全然わからないので、実験と割り切って塗りました。

順序。赤→緑→青ビンの順。わかります?sweat01

いやもう、ほんと。色塗るって難しいですね!こんがらがってきます。最後はもう、感覚的+適当。これ以上塗るともっとぐじゃぐじゃになりそうだったので、リタイア。

リアル色で塗るとなると暗くなるし、でも私キレイな色の方が好きだし。だけどキレイな色に合わせた場合、暗い色って何色で塗ればいいのよ?とか。

色の混ぜすぎは濁るからダメだってわかってるけど、難しいぞいbearingとか。

まっすぐ線が引けなくて曲がるぞとか。

ああ難しい!

・・・・まあ、次、頑張りましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスはどうなる?

キルト界では既にクリスマス作品の制作が始まってますね。

個人的にはあまり関心がない分野ですcoldsweats01

毎年作ってるとどんどん増えていってしまうので、収納に困ります。

でもまあxmasミニタペくらいは考えようかなあと思ったりもします。

先日姫さまが誕生日で、ケーキどうするか聞いたら手作りシフォンケーキがいいというんで焼いて生クリーム塗りましたが。。。

イベントケーキ食べた気がしません orz

いや、シフォンケーキは好きなんですよ?軽くて胃に優しいグッドなケーキです。

だけどね。どうしてもお祝いなケーキって感じじゃなく、日常のケーキだと思うわけですよ。

昨年のクリスマスも同様のリクエストで、やっぱりクリスマスケーキを食べた気がしなくってsadせめてブッシュド・ノエルくらいは食べたかった。

今年もシフォンとか言いましたが、却下!絶対却下!!普通にデコレーションかブッシュド・ノエル!・・・・まあロールケーキだとそれはそれでクリスマスケーキ食べた気がしないとか言いそうな人が若干一名ほどいるので、デコレーションケーキでしょうね。予約と引き取りするのが面倒なので手作りになる可能性もありますが、それもまた面倒! さてどうする。

姫で思い出しました。公文の英・数やめました。どうも算数で途中の計算式すっとばす悪癖が公文由来らしいと新塾の先生に指摘されたため。どのみち小学校部分は終わっているので、今のうちに修正させようと思います! 

公文と新塾とどちらか一本にすると言ったら、まだ新塾のやり方に慣れてないビビリ・保守・逃避な姫は公文と言いましたが、大人4人の総意で新塾に決定。嫌がってましたが「公文の宿題なくなるんだけど」と言ったらあっさり笑顔全開で新塾に流されました・・・・。いつも公文の宿題に苦戦して隠滅までやらかしてる割に、まったくその辺は考えてなかったらしい。さすが単純で助かります・・・・。

しかし国語は残します。新塾は英・数だけなんで。

ちなみに公文の英語は評価しにくいです。発音はたしかに良いのでその点では評価できますが、文法はまったく身に付かなかったので。このまま中学に入ってドリル的な発想で続ければレベルアップする可能性はありますが、それは自分で考える、学習する能力がないと無理なのかなと思ったり。基本、公文はプリントの例題を自分で読んで理解して、あとは機械的に問題をたくさんこなすことで学力をつけるものなんで、前者を意識的にか、興味をもって出来る子でないと飛躍的な進歩って望めないんじゃないかな。でないと、ただ意味を考えず書くだけになる。

ほんと他人の勉強ってむずかしいね!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何してたんだっけ??

前回の日記からこっち、何してたっけ??

う~ん??土日はいつもどおり。

「ローマ人の物語」新潮社文庫 塩野七生著の再読を開始。

んー、月曜日は午前中姫に模擬テスト的なものをさせて、午後は中学の制服展示があるっていうから「ふじさんメッセ」に行ったんだ。そしたら外ではフリマ、大きいホールは入園入学フェアだかなんだかやってたんだっけ。案外にぎやかでびっくりしたw

火曜日は、そうだ、市役所行ったな。うん。そんで自転車置き場にクロスバイクが数台あって、なんとなくメーカーチェックしちゃったり、サイコン付けっぱなしだなあと眺めたりw

ついニコ動でボカロ音楽動画みちゃったり。

マインクラフトで坑道掘ってたり。面白いですよ~♪ 

面白い動画もかなりあるのでちょっとリンク

史上最大の(中略)マインクラフト実況

大改造!劇的Minecraft

天空の城ラピュタの世界をMineCraftで作ってみた (ラピュタ系は他にもある)

ゲームのWiki→Minecraft Japan Wiki 日本のゲームではないので、やってみたいと思ったらまずここを読むことをオススメしますscissors

さて。手あれが少し治ってきたのでタティングをちょびっと再開し始めたものの、また停まってるし。

・・・全然手芸やってないよ!bearing

だからというわけではないけど、少しパッチワーク。

Cimg0025_632x640 最終的にはクッションというか、座布団にしようかなと。

キルトもどうしようかな。フリモの方が一気に出来るから楽かな。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習慣の変化。塾にもとめるもの。

姫の一週間のスケジュールが変わりました。

公文はそのままに、塾を一個増やしました。ので、ペン習字を減らしました。中学に入ったら造形教室も卒業。おそらく絵画教室まではいけないでしょう(曜日的に多分無理だし才能もナイヨ)。ピアノも多分やめるのかな。

それにともなって、送り迎えの曜日や時間が変更になるわけで、しばらく混乱するでしょう。

姫様はまだ小6ですが、塾は中学というか、高校受験に向けて動いており、そのための変化です。高校受験までは親の責任。大学受験は本人の責任という考えです。

早すぎ!と思われる方もいると思いますが、決して遅くはないです。というか、今のうちにやっとけ!といいたいですねえ。考えが甘すぎる人が多いと思ってます。

小学校の勉強はホントに全ての基礎です。ここをおそかにすると、たとえ表面的にはテストの点数が取れていようと、中身・本質をしっかり理解できていないと中学の勉強は当然ですが、大学生になってからつまずくなんてこともあります。なので、「今のうちから」です。

続きを読む "習慣の変化。塾にもとめるもの。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ラノベばかり読んでたか

2011年9月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3140ページ
ナイス数:14ナイス

■羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)

キャラクターの性格が私には合わないどころかイラむかっとくるので続きを読むのは無理。内容的には面白いので、大丈夫な人にはお薦め。超自分勝手、自己中とか自己陶酔の無神経とかそういうキャラってダメなのですよ。
読了日:09月28日 著者:至道 流星http://book.akahoshitakuya.com/b/409451189X

■玄椿 12 (花とゆめCOMICS)
一巻の設定はどこに消えたんでしょう・・・。芸事に関して最高の血筋をもつ娘が欲しくてという設定は(^^;)
読了日:09月28日 著者:河惣 益巳
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13677275

■炎の月 ジェニー・シリーズ11 7 (花とゆめCOMICS)
あれで終わりって、すごい力ワザ。後継者問題をいっぺんに片付けちゃいましたって感じ。王子の存在可哀相だ。結局ジェニーをどうさせたかったのか不明。全体のテーマってなんだったの?と思う。ずっと好きで追いかけてきたんだけど、この終わらせ方にはちょっと。やっぱり打ち切りだったんでしょうかね??ツーリングのように番外編たくさん描いて欲しいです。
読了日:09月28日 著者:河惣益巳
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13677195

■身代わり伯爵の婚前旅行  Iすれ違いの蜜月 (角川ビーンズ文庫)
甘々ながら裏で色々陰謀やら火種がばんばん進行している巻。ミレーユ達のお笑い甘々で意識からちょっと外れちゃいますが、結構な陰謀が進んでますぜ~って感じ。がんばれーリヒャルト。色々とw
読了日:09月23日 著者:清家 未森
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13570622

■姫君返上! ―民を守護する者― (ウィングス文庫)
アレク…(^^;) にーちゃん相変わらず笑顔でひでぇw そんでもって叔父さんは色々考えて策ねって動いて大変だったのねえ。アレクとジークが本当に可愛いんだなあ。叔父さん視点な話がちょっと読みたい感じ。
読了日:09月23日 著者:和泉 統子
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13570549

■天使たちの課外活動 (C・NOVELSファンタジア)
新キャラがなかなか良い味だしてるので、今後変化が期待できそう。ちょっとマンネリ化してたので。しかしデル戦終了時の年齢の彼らの活躍を見たいなぁとも思う。いつか書いて欲しいなあ
読了日:09月23日 著者:茅田 砂胡
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13570502

■姫神の誤算 少年に憂鬱のドレス、少女に騎士の剣 (一迅社文庫アイリス)
粗筋からの印象はあてにならないという感じ。良い意味で裏切ってくれました♪ちょっとしたクエストものになっていて、男女の体力差が逆転とかあっても精神が逆転するわけではないので、女の子らしく、男の子らしく試練を乗り越えていく感じ。続編なきゃ嘘だよね~
読了日:09月18日 著者:渡海 奈穂:作 Chiyoko:絵
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13468124

■不敗の海賊と不死の帝王 ダイヤモンド・スカイ (ルルル文庫)
皇帝が気になりますね~。展開的にディアが選択するのは海賊の方だよなと思いますが、フォースな一件もあるのでダークな人とはいえ、ちょっと皇帝気の毒な気もしますw
読了日:09月18日 著者:本宮 ことは
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13468053

■夢見る宝石と銀色の恋人 ダイヤモンド・スカイ (ルルル文庫)
一巻を読み終わった時点で、ああSFファンタジーなのねと思ってたけど、そうか、その時点だとSFだと気づかれなかったりするのか。そんなもんか。
読了日:09月18日 著者:本宮 ことは
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13468016

■もののけ本所深川事件帖 オサキ婚活する (宝島社文庫)
やっぱり一作目が一番面白いと思うなぁ・・・・。なんだろう、江姫の方はうまくまとまってるんだけど、琴の見合いの周辺への踏み込みが浅すぎて。分離した話にしてもっと深く掘り下げて丁寧に書いた方が良かったのではと思います。ネタがもったいない気が(^^;)
読了日:09月18日 著者:高橋 由太
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13467860

■はじめてのタティングレース (レディブティックシリーズ3215)
一冊分作り終えました~。手順の写真が多くて分かりやすかったと思います。小さいモチーフの基本的なものを扱っているので、初めての私でもとっつきやすかったです。
読了日:09月09日 著者:sumie
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13292280

■暗殺姫のアドレッセンス -狙いは黒の俺サマ王子- (B's-LOG文庫)
読了日:09月07日 著者:神奈木 智
http://book.akahoshitakuya.com/b/4047274372

■ご主人様はご機嫌ななめ (ルルル文庫)
読了日:09月07日 著者:宇津田 晴
http://book.akahoshitakuya.com/b/4094521992

▼2011年9月の読書メーターまとめ詳細
http://book.akahoshitakuya.com/u/117110/matome

▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »