« ねこアップリケ | トップページ | ちょっとそれは・・・ »

ミシン選択のカルチャーショック

う~む、つくづく私にとってのミシンはパッチワークが基本と改めて認識。

初めてミシンを購入する初心者さんへ、どんなミシンを選択すればいいのか、どんなミシンがあるのか紹介しつつ分かり易くアドバイスしよう。という趣旨の動画を作ろうと企画されている方がいらっしゃいまして。

その一連の流れをたまに見ていたのですが、洋裁というか一般的に使う人が重要視するポイントと、ミシンパッチワークキルトを主体とする人では視点が違うんだなと思いました。

初心者さんには水平釜とか半・全回転釜の説明は不要でしょうという点に特に感じました。確かに普通に使うには必要ないポイントだったですね。

以下はあくまで個人的なポイントで、そりゃチガウだろうという点もあるかと思いますが、あくまで私見ですので!

例えば私が生徒さんにどのミシンを購入すればいいのか聞かれた場合、ミシンキルトを主体とするので、電子・電動ミシンとかコンピューターミシンとかいう括りよりも、まず回転釜を考えます。

ミシンキルトの場合、ボビンワークという技法があり、それをやろうとすると半回転または全回転釜の方がいいからです。水平釜でもやれる機種はあるらしいのですが、オプションで買い足す必要があるっぽいですね。その技法をやる必要がなければ別にいいんですけど。

2点目として送り歯が下げられるかどうか。物によっては下げられないものもあります。ミシンキルトの最大の魅力はフリーモーションだと思うので、これは絶対です。下げられないものでも、フリモが出来るようにするグッズはありますが、ミシンキルトをやろうと購入を検討するなら送り歯は最低限だと思います。

送り歯だけをポイントにするなら、価格的にはとてもリーズナブルなものがあるはずですね。

つぎ、模様。沢山の模様がありますが、最低限欲しいのがジグザグとブランケットステッチです。

ニーリフターを何番目に持ってくるか。それは予算によるかな~と思います。あった方が絶対にいいんですが、それが付いてるミシンは限られてるので。

お値段は置いといて、とにかく簡単に自動でと考えるなら、至れり尽くせりのコンピューターミシンが自動的に選択されると思いますが。

現在一般的に生産されている家庭用ミシンは水平釜を採用してます。これはボビンケースが内臓されている感覚で、ユーザー的には”ボビンケースがいらない”ということになります。

水平釜ミシンの最大の特徴は下糸が入れやすいこと。基本的に上下糸調子が自動なこと。でしょうか。初心者には簡単でわかりやすいものです。糸調子が良くない場合は上糸のみで調整して、下糸では調整できません。また、手入れに関しては釜部分の埃を取る必要はありますが、油を差すことはなし。

私が水平釜を使っていて不便を感じるのが、長所として上がっている糸調子だったりします。

ミシンキルトは特に、上糸と下糸で全然別の番手の糸を使ったりします。すると自動糸調子で何も考えずにフリモすると綺麗じゃないんですよね。そうすると手動で糸を調整することになりますが、水平釜の場合は上糸のみでの調整で、上手くいかないこともたびたび。なのでキルトとなると半回転釜のミシンを使っています。

洋裁用としては水平釜ミシンはとても使いやすいです。それは確かにいえます。実際パッチワーク以外の用途で使う場合は便利に水平釜使ってますんで。

が、ひとたびミシンキルト用となると首を傾げてしまっています。私の腕が未熟というのもあるとは思いますが、とにかく融通がきかない。縫った目の綺麗さが違う。

そのためキルトではもっぱら半回転釜ミシン使用です。全回転の職業用ミシンも欲しいくらいです。

まあそんな感じで、ちょっとしたカルチャーショックを受けたのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

|

« ねこアップリケ | トップページ | ちょっとそれは・・・ »

手芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/84408/53455170

この記事へのトラックバック一覧です: ミシン選択のカルチャーショック:

« ねこアップリケ | トップページ | ちょっとそれは・・・ »