« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »

始動はしてないような

20120420070430198 タペストリの為にパーツをようやく作り始めました。土台となる部分ですが、これが一番重要だったりします。

デザインはざっと出来ているのですが、細かくは設計してないので、試行錯誤しながらになります。

正直、自分でもどーなるかわかりませんbleah

うまく行くといいんですが。

気分がもやっとする事がどうしても多いので、昨夜は衝動的にがま口の小物入れを作りました。上記パーツのあまり布を使用。

Dv3ff はっきりいって作り方を忘れたので、思い出しながらの作業です。

型紙からしていい加減だったので、金具取り付けの時に中心がズレました。

今朝は型紙から作り直しています。が、作るかどうかは不明w

私の場合、精神安定には布を触るのが一番効きます。読書とか絵とかはむしろ悪化させる傾向があるので、やっぱり手芸クラスタですhappy01

とりあえず当分は昼間は縫い物をし、週一回は自転車に乗って体力づくりと決めましたが、どーなることやら。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一段落。多分

入学式が終わり、弁当作りも始まり、姫が新しい通学路で学校ヘの往復をし、塾の時間帯が変わり。挨拶回りも終えて一息つきました。

やれやれです。ちなみに中学受験をして合格し、私立中学に進学しました。過去、塾に関しての記事がありますが、実は高校受験を視野にいれつつ(落ちたら公立だし)、中学受験の対策をしてたのですsweat01

入学式の時にお友達が一人出来たといい、翌日もまた友達できたといい、帰宅して楽しそうにクラスでの様子を話すので安心しました。

小学校では気の合う子が極端に少なく、居心地が悪そうだったので中学受験を勧めたという経緯もあります。小学校でこれなら、公立中学校へスライドして上がっていた場合、もっと悪いことになる可能性があると考えてました。

中学の時期というのは、とても狭い世界で高校受験のプレッシャーや、先輩後輩との軋轢、何より人生の中で一番不安定な思春期です。これが無ければ良い意味での大人になることは出来ないと思ってますが、人格形成の大切な時期にいじめにあったりしては、一生心に残る大きな傷になります。傷跡になってしまった場合、それを自覚し、克服していくのは並大抵のことではありません。

なので、小学校とは切り離したいと思ってました。だからといって、強く受験を勧めたり、本人が望まないのに私立受験させるつもりはありませんでしたが。

幸い、本人が冷暖房完備に強く心動かされて受験を決めてくれたのでw、あくまで本人が頑張る間はと思い、スパルタで勉強をみてました。途中で本人がサボるようになったら、そのままフェードアウトのつもりでしたが、最後まで食らいついて頑張ったのでこちらも。

良い結果になっている様子に見えるので安心の一言です。

唯一欠点はあれですね。給食が無くて6年間弁当になっちゃったことですcoldsweats01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年6月 »