人それぞれ

ラジオ聞いてたら、福田首相が被災地に行ったと。

それで思い出した。昨日キルト教室での雑談で、「福田さんは何故すぐに被災地に行かないのッ?」とかけっこう強い口調で言っている人がいたんだよね~。

私は正直鳩が豆鉄砲くらう的に最初何のことかと話が見えなかったよ。どっかの知り合いのようにするっと「福田さん」とか言われたから、首相のことだとは思わなくてさ。一拍おいて気がついて、思わず「あの~、福田さんて首相の福田さんのこと?」と聞いちゃったよ。

だってねえ。私の感覚としてはデカイ地震が起きました。さあすぐさま行きましょう! ってのはなんだか違うと思うから。被災直後のばったばったしているところへ、超トップが行ったところで、お邪魔になるだけじゃないのかねえ? とか思っちゃうね。だって気をつかうじゃん。

かといって、まったく行かなくていいって話しにはならんけどさ。ちびっと落ち着いたら、現状を実地で見ろとは思うけどね?

その場では反論するのも面倒だからスルーしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幼稚園の中

なんだかなぁ~。嫌な事件だよ。今のところ新聞報道くらいしか見てないんだけど。

<リンク: @nifty:NEWS@nifty:2人園児刺殺、鄭容疑者「日本語不自由でいらだち」(読売新聞).p>

こういう事件が起こると大抵被害者の周辺をマスコミがつつきまわして被害者が悪いみたいな報道がされるのが頭に来るんだけど、今回どーなんなんだろうね。悪いのは加害者! どういう状況があろうと犯罪を犯したほうが悪いの。それは不変。

それとは別として、幼稚園や公園仲間とか、そういったところでの人間関係って、ちょっと特殊だとは思う。私の感覚で言うと「学生時代にもどっちまったみてぇ orz 」ってところがある。

役員をやるとか、積極的な人とかは仲良しさんがすっとできる。そうするとグループが出来るわけだ。仕事じゃないから上下関係やら義務責任やら雇用賃金等の問題があるわけでもない。女ばっかの集団が出来あがるわけ。仲がよければ噂話もするし、子供同士も仲がよければ幼稚園外でも遊ばせたりするし、一緒にランチとかするし。親密になればまた幼稚園でその人探して話をしようとするし。

人見知りな人は益々ぽつんとしてしまう確率は高い。集団で居られたら、ちょっと話しかけにくいという部分もあるし。外からは(実際はそうでなくとも)排他的に見えるしね。そうなると、中学、高校時代あたりの女の子集団をイメージできない? 私はそっくりに見える。また場所がね。幼稚園という先生がいて同年代の子どもが集まる空間でしょ。母親の年齢も差があるとはいえ、似たような年代だしさ。

幼稚園に行き、なにか雰囲気が似てる。なんだろうと考えたときに「あ。学生時代だ」と思ったときには、マジで愕然としたっすよ。たださすがに皆大人なわけで、学生時代に比べたら雲泥の差。学生のように世界や人間関係がそこだけで成立しているわけではないし、所詮その場限りだから逃げ場はいくらでもある。

あるんだけど・・・・。あの雰囲気に引きずられてそこだけと思い込むと病む可能性はある。実際ヤバげな人の話聞いてるし(汗) 別に幼稚園で無理にトモダチ作る必要性ってさっぱりないんだけどね。

子どもが通っているから。子どもが馴染んでいるか心配。そういった意味で自分が頑張って橋渡しをしようとか考えるとまた縛られちゃうね。なるようにしかならないんだけど。

そんで、家庭によって基本的な躾とか考え方とか違うわけで、幼稚園の時期はまだまだ親の手がかかる。母子一体的な部分がまだまだある。何やるにしても親子一緒だしさ。そこでその違いが対立になったりするんだよね。子育てに絶対の自信があるわけじゃないから「うちはこうだよ、そっちは?」とか話をするのはごく自然。だけど自分の家のやり方が正しいとか、一方的な考えで陰口悪口をいう人もいるんだ、コレが。たいがい余計なお世話さまなんだけどね。それをまたグループ内で噂するでしょ。グループ外にもそういった話は微妙に伝わるしね。気にしにゃきゃいいんだけど、気にする人はする。

ちなみに私は特にグループには属していません。てきとうに顔見知りのママさんと話すくらい。はっきり言ってママ友極少ですっ(威張りっ)。用があればてきとうに周囲のママさんに声かけて聞くし。別に困らないし~。少数精鋭(謎)でいいし~。ごちょごちょに巻き込まれるのはごめんですっ。面倒くさい。派閥なんて嫌いさ。

ママ友が欲しい人は役員やるのが手っ取り早い。あとは幼稚園が推薦していて、その幼稚園の大半の子どもが行く習い事(うちの場合スイミングと習字)に行くことか。だからといってガツガツやると嫌がられます。毎日電話攻撃とか(当たり前)。でも本当にいるんだよ? 毎日電話攻撃の被害者は(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@nifty:NEWS@nifty:アスベスト被害、3社で13人の死亡判明(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:アスベスト被害、3社で13人の死亡判明(読売新聞).
アスベストって、カタカナなコトバだったので、最初の報道では何のことやらわかりませんでしたが、石綿の話だったんですね。
今になって騒ぎ出したのは何故? 石綿を扱ってたところではずっと以前から言われていたことで、ここへ来て環境省やら急に動き出した理由は何なんでしょうか。動くのが遅いと思ったんですが。誰かご存知な方いらっしゃいますかね? 

かつて石綿を扱っていて、まだ発症してない方たちには、報道よりかなり以前から動揺が広がっているのを知っています。私が知っている範囲では定年後発症するケースが多いようで、仲間の早い訃報と死因を聞くたびに次は自分かと思うそうです。
体が若い頃に比べて老化し、定年によって緊張感から開放されてほっと一息ついたところを病魔に浸け込まれる結果になっているのでしょうか。
起こってしまったことはもう、どうにもなりませんが、せめてもの保証が欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水不足だけど

水不足でとうとう節水する地域が出てきています。相変わらずダム周辺には雨が降ってくれない状態ですね。

子供の頃から思ってるんですが、なにゆえ海水を利用することを考えないんでしょうか。日本は島国で周囲は海。水だらけ。浄水浄化技術が全くないならともかく、あるわけで、それを研究して実用化を目指すほうが、無駄にダム建設するよりよほど投資価値あるような気がします。

また地球温暖化で海面上昇が言われている今、海水を利用していけば、たとえわずかでも上昇を抑えられるのではないかと。水は使用しても自然に循環していくからそんなことしても無駄と言うかもしれませんが、まったく使用しないよりはイイのではないのかと思います。

ついでに浄水する過程で発電が出来れば最高かもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

少子化なこと

出生率が低下し続けてますが、少子化対策って難しいなと。やっぱり広い意味でのお金の問題と、職場問題が大きな要因だと思ってます。

保育所を増やせば解決ってもんじゃないです。子供を育てられる職場環境の整備も必要だし、教育費がどんどん上がっているので、それもなんとかしないと。

我が家には子供が一人。理想は二人ですが二人目を作る気はありません。何故かというと、学校教育がアテにならない今、小学校から学習塾に通わさざるを得ず、成績悪くても大学にいける今日、その授業料も貯めていかないといけません。一人分でも大変で果たして借金せずに行かせられるのかと今からアタマ痛いのに、二人分なんてとてもとても。

妊娠すると病院通いするわけですが、健康保険がきかないわけで、一回の通院に5千円とかするわけです。妊娠後期になると週1回通うわけで、妊娠から出産退院まで貯金が減りまくります。たまらんです。

無事出産したあとは、仕事をしている人の場合、保育所のご厄介になるわけですが、安い公立にいけるのは少数で、それでも病気の場合は預かってもらえないですよね。時間制限あるでしょうし。私立なら時間は融通してくれるところもあるでしょうし、24時間営業のところもありますが、お値段高くなるでしょうね。なんの為に共働きなのかわからなくなりそうです。

職場復帰しても、子供が病気とかで急に会社を休まなきゃいけなかったり、会社側もその辺を警戒して出世させてくれないとかありますし。

以上なことを考えたら、なかなか子供を作る気になれなかったりしませんか。社会的な環境整備は必要不可欠だと思ってます。が、それだけでは足りません。

近年の少子化には「子供をあえて作らない派 結婚しない派」のほかに「欲しくても出来なくて困ってる派」があると思ってます。

不妊症です。環境ホルモンの影響だとか色々いわれてますが、これは立派に社会問題です。不妊症の方々が全員出産できたとしたら、ずいぶん出生率変わるのではないかと思ってます。

不妊治療はまたお金がかかるし、精神的負担が大きいのです。数百万というお金をつぎ込んでも出来なくて、断念する方もたくさんいらっしゃいます。これもなんとかして欲しいと思います! 保険を適用してくださいと。不妊症で悩んでいる方々への助成をしてほしいです。カウンセリングも含めて。

本来なら、第2次ベビーブームの女性が今31、2歳。子供が増えてもいいはずだと思いませんか? それが出生率が下がる一方。一人しか産んでない私が偉そうなこといえた義理ではないとは思いますが、でも意見を出し合って対策を練っていかないといけないですよね。

リンク記事: http://newsflash.nifty.com/special/jnn_video/kiji.jsp?f=1203075&d=tk">@nifty:NEWS@nifty:

| | コメント (0) | トラックバック (0)

事故におもう

昨日のJR西日本の脱線事故は見ていてとても痛ましい。車体のひしゃげ方を見てもその衝撃のすさまじさ、車内の地獄絵図のごとき惨状を想像できるだけに、なおさら救助された人たちが担架に乗せられて運ばれるさまは胸が痛みます。こういったのを見ると常に、もし自分が居合わせたら、果たして姫さまを守れるだろうかと考えてしまいます。

事故原因については色々言われていますが、結論は当分先でしょう。

とまとまととまと畑のゆかいなとまとたち JR宝塚線の事故について」のブログ記事を読んで、少々の遅れ等で処分を受けるらしいとは小耳に挟んでいましたが、自殺者が出るほど過剰な処分があるとは知りませんでした。20分も30分も遅れてならわかりますが、1分やそこらでとは。過密ダイヤでちょっとでも乱れると混乱するというのはなんとなく想像つくんですが、それでも安全確保がまず最優先だと思います。

このところ至るところで事故とかおきていますが、根っこは同じなんじゃないかとも思います。人員削減、経費削減から本来あった工程・手順の幾つかが省かれ、安全装置であったものまで最低限のものに削られているんではないかなと思います。無駄を省くのは大事なことではありますが、それによってあるべきゆとりまで奪ってしまうのは、やはりやりすぎなんでしょう。

もうひとつ、うんうんと頷いてしまったブログ記事。特にマスコミについて「うずら眼-uzuraman's eye 福知山線脱線事故」から。ああ、そうか、スピードの出しすぎじゃなくて、スピードを出しすぎた上での急ブレーキの可能性。なるほど。思わずナットクしました。

私もTVで見てましたが、記者会見で記者の一人が「人が死んでるんだぞ!」と確かに叫んでました。何か言えと。記者ってそういうもんではないでしょ? JR側にしても憶測でモノをいうわけにはいかないし、あの時点でははっきりとした事故の原因なんて誰にもわからないんですよ。逆に憶測でものを言うのは誠意に欠ける行為だと思います。記者がしなきゃならないことは、現在わかっている事実、情報を最大限に引き出すこと。そしてそれを分かりやすく公開することじゃあないでしょーか。

それから事故被害者に対してする取材。名前の公表まではいいと思いますが(遠方の友人知人はそれで知ることが出来るし)、なにかといえばすぐに家に押しかけて、勝手気ままにプライバシーをぶちまける。その姿勢が大嫌い。どんな事件・事故でもそうだけど、被害者のプライバシーをそんなにまで売り物にしないで欲しい。実に不愉快。ただでも傷ついているんだから、そっとしてあげて欲しいと思います。時には被害者を悪人に仕立て上げることまでやりますよね!

とにかく今なお閉じ込められている方々の一刻も早い救助と、亡くなられた方のご冥福、被害者の方の回復を祈っています。救助に携わっている方々、大変かと思いますが、頑張ってください。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

小田原の断水

テレビで見たんですが、小田原があんな断水になっているとは知りませんでした。TVKから読売新聞から
今日で4日目かな? 水道管が逝かれた場所が小田急の線路の下だそうで、下手なことすると線路がぶっ壊れるだかで大変らしい。今迂回水路を作って日曜日あたりには仮開通させたい方針だって。で、肝心の水道管の修理はそれから結構かかるらしいっす。
うう。大変だなぁ。給水車もフル回転してるけど追いつかないみたい。学校も休校になるし、病院も困るし。家庭ではトイレが一番こまるよね・・・・。洗濯もできないし。早期の復旧を祈ってます。

テレビで思い出した。「節電を心がけましょう」「地球温暖化防止のために電気は大切に使いましょう」
電力会社のそういったCMのあと見た電力会社のCM。

「オール電化!」

はいぃ~? と、思いませんか?
アンタ電気使うなといっておいて、電気勧めるんかい。と、いつもいつもいつも思ってます。
ヘンじゃん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)