美術館に行った

美術館なんて何年ぶりだろうねえ・・・・。思わず遠い目をしちゃうんだけど。

24日に静岡県立美術館に行ったデスヨ。見たかったものがあったので。

「風景ルルル~私のソトガワとのかかわり方~」という企画展。現代美術に属する作品展で、若手中心の展覧会なんだろうと思う。…美術に関してさっぱり詳しくないんでヨクワカラン。

古典よりも現代アートの方が面白くて好きで、今回満足できた。姫の暇つぶしもかねて行ったんだけど、姫もそれなりに見てたんでよかったよ。面白かったかどうかは別として(笑)

図録買おうと思ったら「予約受付中」…ってアンタ(^^;) 11月3日からやってんのに、まだ出来てないって、どういう準備の仕方してんだヨと突っ込みたくなったぜ。ただでも\2000とかって、素人には高いと思う金額なのに、即買えないってのは…(絶句)。売る気あんのかいな。

とか文句たれつつ、予約して送ってもらうようにしてしまうおいらだった(馬鹿)

一階のエントランス入ってすぐ奥で、なんか箱型の部屋?があって、展覧会のチケットで入れるってんで入って見たら、ちょっとすごかった。床は水を張り(足場はあるよ)、他前後左右と天井が鏡張り。そこへ上から色とりどりの小さい電球がいっぱいぶら下がり。ドア閉めちゃうと、ほんと、出口どこって感じになる。タイトルに「蛍」が入ってたけど、星が無数に光る銀河の中というか、万華鏡の中というか、そんな感じで綺麗。先に入ってたおば様二人は出てくるときに「おっかなくて動けなかった」と言っていた(笑) 

お昼は館内のレストラン入ってリゾット食べた。味としてはとても美味しかったんだけど、もうちょっと芯がほんのり残っててこそリゾットな気が。どのみち風邪治ってなくて調子悪かったから体には良かったかも。姫はお子様プレートだったかな。オムライスとサラダとスープにオレンジジュース。さらにケーキ。豪華! ちょっとすげーと思った。

行き方としてはJR草薙駅で降りてバスで5分ってとこ。駅から100円。バスの時間待つの面倒で、タクシーで行こうかと思ったけど、100円じゃあ待った方が得だ。ちなみに徒歩25分というけど、薦めません! 思い切り坂道だし、歩きじゃ遠い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジオからクラシック音楽なこと

今朝NHKラジオを聞いていたら、NYジュリアード音楽院には結構な数の中国・韓国・日本あたりのアジア人が通っているそうな。で、卒業後、NYの楽団に所属するアジア人の数は音楽院での比率に比べるとかなり低いそうだ。人種差別しているわけではないというので、何故そうなるか。楽団のオーディションを受ける場合には、今までの演奏実績もポイントとなるらしい。アジア人は卒業後の演奏の場、つまり実績を積んでいく段階で上手く行かない。演奏のチャンスがなかなかないんだそうだ。なので、実績を積むまでいけないうちに、NYを離れざるを得ないことになる。

そこでアジア人演奏家の為に日本の企業が中心となって演奏の場を作ってやろうじゃないかと動き出しているらしい。確かオーケストラ団員を募集する形になるらしい。指揮者はNYで活動している日本人で(名前いってたけど忘れた)、そこの団員になった場合は3年間そこに在籍、演奏できるそうだ。

興味のある人は調べてみておくんなまし。NHKだけあって企業の名前も言わなかったな。

朝のラジオはニュースやニュース解説が主だけど、そんな番外の話も聞けるので結構オモシロイ。

今日もまた寒いよ~。ファンヒーターの現在温度表示は4度。もう一個の時計一体型デジタルのは7度。どっちが正しいか知らんけど寒いよ~。

買い物行かなきゃいけないんだけど、外に出たくないな。そろそろ花粉も飛んでるようで、鼻もむずむず。ああ嫌だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押し餅

05-02-27_18-25
名古屋の姉上から今年も送られてきました。
ひな祭り用のお餅で「押し餅」というらしいです。
あの地方の伝統で、女の子が生まれると木で作った型を購入し、お餅を作るんだそうです。型は色々あって、お雛様はもちろん、宝船とか扇、筍、花などおめでたいものがいっぱい。
今年は130個つくったとか・・・・。もちろん家族総出でしょう。そのお相伴を毎年あづかってます。焼いて食べるとおいしいですよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

現代の印伝

母上が「まだあんたに見せていなかったね」といって頼んでもいないのに何時だか甲府に行ったときに買ったという、印伝のバックを持ってきた。
印伝は知っている人は多いと思うけど、伝統工芸品で鹿革に漆で模様を付けていくってやつ。そこらヘンで見る印伝はとてもデザインが古臭く、とても洋服には合わないし、年齢的にも上の人でないと合わないと思う。
なので、全く期待せずにいたらとんでもなかった。

なんて現代的なんだ!

もうびっくりよ。小さめのボストンバックって感じだったんだけど、ルイ・ヴィトンみたいな感じなんだよ。あれならおしゃれで、私でももてるよ。いいなあ! かっこいい。
まさかそのものを写真掲載できないとおもって、扱ってるサイトないかな~と思ったら、どんぴしゃであった。
扇子と印伝の専門店 コマキってとこで、印伝・ブランド一覧「フォルキィ」ってのがそう。一度覗いてみてくださいな。イメージ変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルトの芸術性

キルトジャパン3月号をやっと見る。最近は華やかな作品が多くて楽しいなo(^-^)o
今回はバスケットがテーマ。テーマがテーマだけに可愛いのが多いかな。
読み進むうちにインフォメーションの所にたどりつき、一つの記事に気付いた。
小栗加代子さんという方の作品が、第36回日展初入選、第43回現代工芸賞受賞したそうだ。キルトが芸術美術として認められたということか。
現代創作キルトの中には、これってキルト!?って思うような、これはもう手芸の域を越えるだろうという物は多い。うれしいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子二代

050223_0859.jpg050223_0900.jpg
横になってるけどまあいっか(笑)
親王飾りの方が私ので、段飾りのほうが姫の雛人形。今朝だしました。
所有者の私たちが親子2代なら、製作者の方も親子2代というのは結構めずらしいのではないかと。
ちなみに私のが1世・原米州作で、姫のがその娘さんで原考洲(箱には2世原米州とある)作。
私は1世米州さんの人形のお顔が好き。やわらかくて可愛く、怖くない!(爆)
自分のが大好きだったから、姫の雛人形も木目込みでと決めていて、お店を見に行ったら考洲さんのがあったんだよね。即・決。
届いてびっくり。考洲さんのはお道具ひとつとっても伝統工芸品ばかりで、いろんな地方の伝統工芸品の集合体という。ぜひとも姫には大事にして欲しいものです。

ちなみにお店の人の話だと、考洲さんは2世米州は名乗れないらしい。1世米州さんのお弟子さんと裁判で争っただかで、2世はお弟子さんの方になったとか。あくまでお人形屋さんの店員さんからの伝聞なので、真偽は定かではない。ってか、物が気に入ればいいわけで、興味ないから調べる気もないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)