« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年9月

【1Dayレッスン】ミシンでキルティング!(体験基礎講座)

Cimg0701 ミシンでキルティングをしてみたいけど、やり方がわからなくて困っていらっしゃる方向けです。

ウォーキングフットを使った直線的ラインのキルティングの方法と、

フリーモーションと呼ばれる自由にお絵かきする感覚のキルティング方法の基本をレッスンします。

またミシンキルト全般について、聞きたいこと、知りたいこと、何でもお答えしま~す。

時間:9:30~11:00(10時~11時半でも可) または 13:00~14:30

料金:1700円+材料費500円

持ち物:特になし

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ

お問い合わせはメールかお電話で

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【1Dayレッスン】畳ヘリバッグ

畳ヘリテープを使ってベーシックなバッグを作ります。

約20×30cmの大きさのバッグです。

Cimg0587_2

時間:9:30~12:00 または 12:30~15:00

料金:1800円+材料費

材料をお持ちいただければレッスン料のみとなります。

またブディック社の「畳のへりのバッグと小物 レディブックシリーズno.3110、no.3233」に掲載されているものを作りたいという方もお気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室のご案内(改)

大きく分けて二つのクラスがあります。

一つはレギュラー講座となる、月2回のクラス。ミシンキルトコースと手縫いのハンドキルトコース、両方をミックスしたコース講師資格を取得出来るコースがあります。

もう一つは一つの作品のみ作って完結の単発講座、マーブルコースです。

cloverレギュラー講座 (レッスン月2回 1回2時間 入会費:\3,000 月謝4,000)

  1. ミシンキルトコース
  2. ハンドキルトコース
  3. 1,2混合のミックスコース
  4. 講師資格取得コース

1~3までのコースではテキストの本科を使用しながら、基礎からレッスンしていきます。テキストをベースに、独自のミニタぺやバッグ、小物等を作ります。また生徒さんが作りたい物も作っていきます。モットーは”お気楽ふぁじーに”。

は(財)日本手芸普及協会のパッチワークキルト講師、ミシンキルト講師の認定証を取得できます。協会のテキスト(別途購入)を使用して、縫い方、製図、配色を含めて基礎から学びます。本科→高等科→講師科と進み、その過程で小物からベッドカバーサイズのタペストリーまで様々な技法を習得。最終的には自分のオリジナルキルトを作れるようになります。

本科、高等科まで4千円。講師科は5百円プラス。講師認定証発行には別途料金がかかります。

注:ミシンはごく普通の家庭用直線縫いのものでできます。特にパッチワーク専用のものは必要ありません

テキストのもの以外にも季節小物やバッグ、ミニタペなども作ります。

cloverマーブルコース

一つの作品を作って完結の講座です。1Dayレッスンと2Daysレッスンとあります。平均して一回のレッスンは一時間半\1500前後。プラス材料費です。申し込み随時。

  1. マカロンストラップ講座(1Day)
  2. 畳ヘリバッグ講座(1Day)
  3. 日傘講座(1Day)
  4. ミシンキルト体験基礎講座(1Day)
  5. ハワイアン小物講座(2Days)
  6. マーブルDay

1~5の講座につきましては、材料をお持ちいただければレッスン料のみとなります。

6のマーブルDayは基本的に手芸のお手伝いとなります。「子供の入園用のバッグ一式作りたい」とか。「ソーイング雑誌で見た小物を作りたいけど、作り方が良く分からない」等、布を使った手芸のお手伝いをします。フェルト手芸や、ぬいぐるみ。帽子つくりも楽しいですよ。作りたい物が出来た時など、お好きな時にどうぞ。

続きを読む "教室のご案内(改)"

| | コメント (0)

1Dayレッスン準備中です

もっと気軽にパッチワークが習えるように、1Dayレッスンを増やすべく準備しています。

ハワイアンキルト。それからミシンでキルティング体験です。他にも色々と・・・。

101209_142101

近いうちに詳細をアップする予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年12月 »