お知らせ

作品展に参加します

なんというか、作品展のあるときしか書いてませんねsweat02

というわけで作品展です。

◎第四回 キルトリーダーズ静岡 パッチワークキルト作品展

 日時;7月15日(金)~18日(月)

     10:00~17:00 (最終日は15:30まで)

 場所:静岡市民ギャラリー(入場無料)

Baidu_ime_2016626_195440_2

今回はほぼ毎日おります。

何故なら役員なので。
ただし最終日以外は。










今回の作品は、相変わらず傍から見たらナゾなものです。
相変わらずです、はい。
テーマ自体は何年も前から継続しているもの。習作です。

Fullsizerender
途中経過はこんなもん。流石に今現在はもっと進んでます。
8割出来た感じです。まだまだふんばって縫わないと……coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キルトリーダーズ静岡作品展ご案内

キルトリーダーズ静岡 第三回パッチワークキルト作品展

7月18日(金)~21(月)

10:00~17:00(最終日~15:30)

静岡市民ギャラリー(入場無料)

パッチワークの先生方が集まっての作品展です。


で、私も参加となります。完成。写真は周囲が切れてますがこんな感じです。

Bspyopkcmaazh6b_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

製作中です

キルトリーダーズ静岡の作品展があります。


7月18日(金)~21(土)
10:00~17:00(最終日~15:30)
静岡市民ギャラリー(入場無料)
ぜひどうぞー。


で、そのためのタペストリを作ってます。

Baidu_ime_2014523_74255

まだ第一段階を終えたところです。
これからまた加工して、それからキルトして、装飾して……になります。
ハンドキルトでは間に合わない工程ですが、そのへんはミシンなんで。

前回は電柱と空がモチーフでしたが、今回は……?
前回よりまとも、といっておきますw
言われればわかる。しかし知らなければ?
というところは相変わらずかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作品展が無事に終了しました

キルトリーダーズ静岡の作品展が無事に終了いたしました。役員の皆様方、ありがとうございました。

そして、ご来場くださったみなさま、ありがとうございました。

個性豊かな作品は大変見ごたえがあり、私自身勉強になりました。もっとデザイン、技術共に向上させていかなくてはと改めて思います。

こちらか、日記のBlogか分かりませんが、私の記事を見て、来てくださった方がいらっしゃいました。本当にありがとうございます。大変照れくさく、そして嬉しかったです。

次回の作品展はおそらく2年後となるかと思います。その節はまたよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作品展に参加します

キルトリーダーズ静岡作品展に参加します。

期間:7月20日(金)~23日(月)

場所:静岡市民ギャラリー

時間:10:00~17:00(最終日は~15:30) 入場無料

お近くの方、興味をもたれた方、是非お立ち寄りください。

県内の先生方が集まっての作品展なので、見ごたえがあると思います。

よろしくお願い致します。

私はミシンキルトですが、ほとんどがハンドキルトです。 写真は今回出展する私の作品です。

20120712235321451_2

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

教室のご案内(改)

大きく分けて二つのクラスがあります。

一つはレギュラー講座となる、月2回のクラス。ミシンキルトコースと手縫いのハンドキルトコース、両方をミックスしたコース講師資格を取得出来るコースがあります。

もう一つは一つの作品のみ作って完結の単発講座、マーブルコースです。

cloverレギュラー講座 (レッスン月2回 1回2時間 入会費:\3,000 月謝4,000)

  1. ミシンキルトコース
  2. ハンドキルトコース
  3. 1,2混合のミックスコース
  4. 講師資格取得コース

1~3までのコースではテキストの本科を使用しながら、基礎からレッスンしていきます。テキストをベースに、独自のミニタぺやバッグ、小物等を作ります。また生徒さんが作りたい物も作っていきます。モットーは”お気楽ふぁじーに”。

は(財)日本手芸普及協会のパッチワークキルト講師、ミシンキルト講師の認定証を取得できます。協会のテキスト(別途購入)を使用して、縫い方、製図、配色を含めて基礎から学びます。本科→高等科→講師科と進み、その過程で小物からベッドカバーサイズのタペストリーまで様々な技法を習得。最終的には自分のオリジナルキルトを作れるようになります。

本科、高等科まで4千円。講師科は5百円プラス。講師認定証発行には別途料金がかかります。

注:ミシンはごく普通の家庭用直線縫いのものでできます。特にパッチワーク専用のものは必要ありません

テキストのもの以外にも季節小物やバッグ、ミニタペなども作ります。

cloverマーブルコース

一つの作品を作って完結の講座です。1Dayレッスンと2Daysレッスンとあります。平均して一回のレッスンは一時間半\1500前後。プラス材料費です。申し込み随時。

  1. マカロンストラップ講座(1Day)
  2. 畳ヘリバッグ講座(1Day)
  3. 日傘講座(1Day)
  4. ミシンキルト体験基礎講座(1Day)
  5. ハワイアン小物講座(2Days)
  6. マーブルDay

1~5の講座につきましては、材料をお持ちいただければレッスン料のみとなります。

6のマーブルDayは基本的に手芸のお手伝いとなります。「子供の入園用のバッグ一式作りたい」とか。「ソーイング雑誌で見た小物を作りたいけど、作り方が良く分からない」等、布を使った手芸のお手伝いをします。フェルト手芸や、ぬいぐるみ。帽子つくりも楽しいですよ。作りたい物が出来た時など、お好きな時にどうぞ。

続きを読む "教室のご案内(改)"

| | コメント (0)

1Dayレッスン準備中です

もっと気軽にパッチワークが習えるように、1Dayレッスンを増やすべく準備しています。

ハワイアンキルト。それからミシンでキルティング体験です。他にも色々と・・・。

101209_142101

近いうちに詳細をアップする予定ですので、どうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンへ にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンスリウムのバネ口ミニポーチ講座

101129_202001富士市吉原の「シープロデューサー 市民カルチャー講座」で、この写真のミニポーチを作る講座を来年1月に開きます。

手芸初心者向けの講座で全2回の講座です。玉結びの仕方から、アップリケの基本の奥たてまつり縫い、キルトの仕方等、わかりやすくと思っています。

詳しいお申し込み、お問い合わせは「シープロデューサー」さんのサイトからお願いします。

今後もこのシープロデューサーさんでハワイアンキルト講座等を受け持たせていただくことになっていますので、どうぞよろしくお願いします。

市民カルチャー講座「シープロデューサー」http://www.seaproducer.com/lecture.html

にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富士情報へ
にほんブログ村

ちなみにシープロさんはスキューバダイビングショップ兼カルチャースクールでありますhappy01

続きを読む "アンスリウムのバネ口ミニポーチ講座"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具について

詳しくは最初のレッスンで詳しく解説しますので、下記は参考までに。

clover共通の道具

厚紙 定規(30センチから50センチ) 紙切り鋏 布切り鋏 糸切り鋏 筆記用具 コンパス 針 マチ針(キルト用) アイロン チャコペン しつけ糸 サンドペーパー付きアイロン台

cloverハンドキルトの道具

ピーシング用針 キルティング用針 しつけ用針 まつり縫い用針 ピーシング用糸 キルティング用糸  2B鉛筆 指ぬき(ぐしぬい用) シンブル(キルティング用)

cloverミシンキルトの道具

ミシン(下の送り歯が下げられるものが望ましいが、基礎、本科に関しては下げられないものでも大丈夫です) ロータリーカッター カッティングマット キルト用定規 目打ち リッパー しつけ用安全ピン ミシン用糸(ピーシング用、キルティング用など) スプレーボンド

そのほか技法によって必要となる道具がいくつかあります。

便利なものとして、バイヤステープメーカー、フリーザーペーパー、小型アイロンなど。

| | コメント (0)

お試し体験レッスン

キルトをやってみようか迷っている方、一度体験してみませんか? 

ミシンキルト、ハンドキルトそれぞれ、短時間に出来る小物をご用意しています。手ぶらでOK! 材料費として500円程度いただきます。

100310_131001

| | コメント (0)

より以前の記事一覧